③勝敗のつけ方、試合の進み方

そもそも、勝敗について教えていませんでした。ごめんなさい。
サッカーやバスケットボール等のスポーツと同じで多く得点をとったチームの勝ちです。基本的なルールを以下で説明します。

時間制なの?

野球はサッカーやバスケットボール等のスポーツとは違い、例えば1時間が終了した時点で多く得点した方のチームが勝ちというようなスポーツではありません。(草野球等ではグラウンンドの時間上の問題で時間制になっていますがここでは割愛させて頂きます。)高校野球や大学野球、プロ野球等では基本、9回と回制となっており、9回が終わった時点で多く得点した方が勝ちとなっております。(小学、中学生野球や、女子プロ野球等は9回より早く終わり勝敗をつける場合もあります。ここでも割愛させて頂きます。)

図1

チーム名 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計得点
Aチーム 1 0 0 3 0 1 0 0 0 5
Bチーム 0 0 0 5 0 0 0 0 6

上の図1の様にスコボードという得点表に取った得点を記載していきます。
Aチームが表攻め、Bチームを裏攻めといいます。1回のAチームの方を1回の表(おもて)といい、1回のBチームの方を1回の裏(うら)といいます。この図1の場合は9回が終わった時点でBチームが多く得点を取ったのでBチームが勝ちとなります。1×という表記は点を取って勝ったということとなります。(このことをサヨナラ勝ちといいます。)

図2

チーム名 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計得点
Aチーム 1 0 0 3 0 0 0 0 0 4
Bチーム 0 0 0 5 0 0 0 0 × 5

ちなみに上の図2の様に9回の表が終わった時点でBチームは勝っているので9回の裏はやりません。なので×となっております。

どうやって表、裏を決めるの?

草野球等の場合はじゃんけん等で決めます。プロ野球等ではホームとビジター(ホームとは試合を主催するチーム、ビジターとはもう片方のチーム方を指します)によって表と裏がきまります。例えば、Bチームが主催者側であれば、Bチームがホーム、Aチームがビジターとなります。この場合ビジターであるAチームが表攻め、ホームであるBチームが裏攻めとなります。

どうなると試合が進むの?

(②ストライクとボールから来た人はこのボタン☞戻るを押して下さい。)
Aチームが表攻め、Bチームが裏攻めと言った様に、野球は攻撃側、守備側というものがあります。1回の表は上の例で上げたようにビジターチームつまりAチームが先に攻撃でBチームが守備となります。1回の裏はその逆となります。
野球は1回の攻撃で3アウトになってしまうとチェンジつまり次に進むことになっております(アウトについては上の戻るのボタンを押して下さい。)
1回の表で3アウトになると1回の裏に進み、1回の裏が3アウトになると2回の表に進むようになっています。

最後に

以上が試合の勝敗のつけ方、試合の進め方となっております。
ご不明点やアドバイスがございましたら、コメントの方よろしくお願い致します。

それでは!!さようなら!!